gakkieのBlog

死神の精度

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 死神の精度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 死神の精度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有


死神の精度 (文春文庫 (い70-1))

お勧め度:★★★★☆

伊坂幸太郎の小説は初めて読みました。会社の先輩(もうすぐ上司)にいただいた(というか交換した)ので読んでみたんですが、まず、すごく読みやすい。単純な背景で登場人物が少ない短編小説だからかもしれないけれど、読んでいて止まってしまう部分はありませんでした。するする読めちゃう。それでいて、中身もちゃんとある話。

金城武主演で映画化されたみたいですが、映画館に見に行ってもいいかもしれません。小西真奈美も出ていますし。

ちょっと狙いすぎかなと思いましたが、きれいにオチもついていて読後感がすっきりする小説でした。



Category: 書評

1 Comment to “死神の精度”

Add Comments (+)

  1. ゆうや より:

    この前伊坂の小説買いましたよ。まだ読んでませんが。

    いまは東野圭吾の「黒笑小説」を読んで、電車の中でニヤついています

Leave a Reply